So-net無料ブログ作成

臨春閣(りんしゅんかく)・旧天瑞寺寿塔覆堂(てんずいじじゅとうおおいどう) [横浜 三溪園]

TIMGP1218_サイズ変更.JPG

 元々は紀州藩主の徳川頼宣の夏の別荘だったもので、紀ノ川沿いの景勝地に風の抜ける清々しい典雅な御殿として建てられ、移築された三渓園では、池のほとりに水面から浮かび上がるように瀟洒な姿を見せています。内部は狩野派を中心とする障壁画と繊細・精巧な数寄屋風書院造りの意匠を随所に見ることができます。

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・


 旧天瑞寺寿塔覆堂
豊臣秀吉が母のために建てた寿塔を覆うための建物で、現在、秀吉が建てたものと確認できる数少ないもので、長寿を祝って生存中にたてる墓で、現在、寿塔は京都大徳寺内の龍翔寺にあります。

imgp018_サイズ変更.jpg

神奈川県横浜市中区本牧三之谷
JR横浜駅からバス
<ご参考>
経年劣化した臨春閣(第一屋、第二屋、第三屋)の屋根(こけら葺き、檜皮葺き)の修理。 
※第一屋及び第二屋:2018年11月上旬~2019年10月下旬。 
※第三屋:2019年11月上旬~2020年5月下旬。 
動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。

 

nice!(268)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行