SSブログ

黒石寺(こくせきじ)岩手 [百寺巡礼(五木 寛之)]

東北 第六十四番

 薬師如来像に浮かぶ苦渋の色

IMGP5693_サイズ変更.JPG

 729年東北地方初の寺院として行基が開いたとされるが、兵火により焼失、その後807年に坂上田村麻呂により再興され、849年円仁(慈覚大師)が中興して現在の寺号となったとされています。黒石寺蘇民祭は、奥州市水沢にある妙見山黒石寺にて旧正月7日に五穀豊穣、無病息災を祈って行われる、1,000年以上の歴史をもつお祭です。

TIMGP5603_サイズ変更.JPG

IMGP5647_サイズ変更.JPG

IMGP5644_サイズ変更.JPG

IMGP5630_サイズ変更.JPG

IMGP5623_サイズ変更.JPG

 蘇民祭(そみんさい)は、岩手県を中心に日本各地に伝わる裸祭りで、1000年以上の歴史を持つと言われています。岩手県内では毎年1月から3月にかけて複数の蘇民祭が行われ、岩手の蘇民祭の名称で国の選択無形民俗文化財で、その中で最も著名なものは日本三大奇祭ないし日本三大裸祭りの一つに数えられることもある奥州市の黒石寺蘇民祭です。

 2008年の奥州市が作成したポスターについてJR東日本が上半身裸で胸毛の濃い男性が大きく写っているデザインを問題視し、駅構内での掲示を拒否したことがニュースで取り上げられ、蘇民祭の知名度が全国的に上昇したことが有ります。

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


撮影:2015.10.19

岩手県奥州市水沢黒石町
JR東北本線、水沢駅

動作確認はWindows10/Microsoft Edgeでしています。


nice!(204)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

毛越寺(もうつうじ)岩手 [百寺巡礼(五木 寛之)]

東北 第六十三番

 壮大な伽藍の跡と老女の舞

TIMGP0437_サイズ変更.JPG

 毛越寺は慈覚大師円仁が開山し、藤原氏二代基衡(もとひら)から三代秀衡(ひでひら)の時代に多くの伽藍が造営されました。往時には堂塔40僧坊500を数え、中尊寺をしのぐほどの規模と華麗さであったといわれています。奥州藤原氏滅亡後、度重なる災禍に遭いすべての建物が焼失したが、現在大泉が池を中心とする浄土庭園と平安時代の伽藍遺構がほぼ完全な状態で保存されており、国の特別史跡・特別名勝の二重の指定を受けています。

IMG_020_サイズ変更.jpg

 日本最古の作庭書「作庭記」の思想や技法を今に伝える貴重な庭園として、800有余年を経た現在も、四囲の樹木の景観と相まって、なお変わらぬ美しさを見せています。

TIMGP0438_サイズ変更.JPG

 池のなかでも東南岸にある荒磯(ありそ)風の出島は、庭園中最も美しい景観の一つです。水辺から水中へと石組が突き出し、その先端の飛び島には約2メートルの景石が据えられ、庭の象徴として池全体を引き締めています。

IMGP0497_サイズ変更.JPG

 開山堂は毛越寺を開いた慈覚大師円仁をまつる堂です。大師像のほか両界大日如来像、藤原三代(清衡、基衡、秀衡)の画像を安置しています。

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


撮影:2007.09.17

岩手県西磐井郡平泉町
東北本線、平泉駅

動作確認はWindows10/Microsoft Edgeでしています。

nice!(194)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行