So-net無料ブログ作成

横浜 三溪園(さんけいえん) [横浜 三溪園]

IMGP1865_サイズ変更.JPG

 三溪園は生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって、1906年5月1日に公開されました。175,000m2㎡に及ぶ園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が巧みに配置されています。

画像の続きはフォトムービーでお楽しみください・・・・


 東京湾を望む横浜の東南部・本牧に広がる広大な土地は、三溪の手により1902年頃から造成が始められ、1914年に外苑、1922年に内苑が完成するに至りました。三溪が存命中は、新進芸術家の育成と支援の場ともなり、前田青邨の「神輿振」、横山大観の「柳蔭」、下村観山の「弱法師」など近代日本画を代表する多くの作品が園内で生まれました。その後、戦災により大きな被害をうけ、1953年、原家から横浜市に譲渡・寄贈されるのを機に、財団法人三溪園保勝会が設立され、復旧工事を実施し現在に至ります。

神奈川県横浜市中区本牧三之谷
JR横浜駅からバス

動作確認はWindows7/Internet Explorer 11でしています。

nice!(247)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行