SSブログ
ぶらり鎌倉 ブログトップ
前の10件 | -

巨福呂坂切通し(こぶくろざかきりどおし)鎌倉七口の一つ [ぶらり鎌倉]

Timgp001_サイズ変更.jpg

 鶴岡八幡宮から建長寺へ通じる山道で1240年、北条泰時が自身の所領地である山ノ内への便を目的に開いたもので、鎌倉と武蔵を結ぶ要路で、新田義貞の鎌倉攻めでは大激戦が展開されました。明治初期1898年に新道を拓いた折りに巨福呂洞門の上にあった切通し部分は失われています。

Timgp002_サイズ変更.jpg

 旧道の巨福呂坂はこの新道よりさらに上の場所に位置しており、八幡宮の裏から住宅街の小道を進み、青梅聖天の横を通って登っていく道で、青梅聖天の下には庚申塔や道祖神、供養塔群があり、その先は行きどまりとなっています。

Timgp017_サイズ変更.jpg

 青梅聖天(おうめせいてんしゃ)の名前の由来は、三代将軍実朝が激しい病にかかったとき、仕えの者が時期はずれの青梅を探しまわり、ようやくここで見つけ、これを献ずるとたちまち病が癒えたそうです。

Timgp022_サイズ変更.jpg

Timgp025_サイズ変更.jpg

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市雪ノ下
JR横須賀線、鎌倉駅

■■ 鎌倉七口 ■■
 鎌倉は三方を山に囲まれ、防御上非常に有利な地形をしていましたが、人や物資の行き来には不便であったため、山の稜線を切り開いて道を作りました。鎌倉とその外を結ぶ切通のうち主なものを「鎌倉七切通し」または「鎌倉七口(かまくらななくち)」と呼びます。また、鎌倉市内にある切通には「鎌倉七切通し」に数えられていないものもあるそうです。
■亀ヶ谷坂切通し(亀も引き返す急坂といわれるが・・・)
別名が亀返坂、亀も引き返したというほどの急坂だったようですが、今は歩きやすい緩やかな坂です。仁治元年1240年に北条泰時が造ったとされていますが、本当のところは不明で、鎌倉後期1300年代前期にはここに道があったことは確かなようです。道は舗装されていますが車は通行止めなので歩くにはいいところです。
■大仏切通し(切り通し本来の醍醐味を味わえます)
鎌倉から藤沢方面に抜ける切通しで、明治12年(1879年)に9mほど道を掘り下げて人力車を通したという話が有るそうです。
■化粧坂切通し(七口一番の急勾配の坂がある)
仮粧坂とも書く切通しで、鎌倉幕府滅亡前1331年の元弘の乱でとらえられ、首を切られた日野俊基の墓が近くにあります。この化粧坂はどうも鎌倉の内と外の境界だったらしく切通しには岩壁はありませんが、道には岩が露出していて勾配は七口でも一番急なようです。
■朝夷奈切通し(切通しの雰囲気がよく残る古道)
頼朝時代、朝夷奈三郎義秀が一夜で切通しを開削したことからこの名がついたようです。七口でも道の長さ、景観とも素晴らしいく、この道は1956年に県道が開通するまでは現役の道だったそうです。
■名越切通し(防御機能がよく考えられた切通し)
名越切通しは、鎌倉から三浦へ通じていた要路で、横須賀線が開通する明治22年(1889年)までは幹線道路として利用されていました。道の途中には防御のためか大きな置き石と呼ばれる岩が置かれ、七口の中でも一番防御を念頭に置いた切通しのように思われます。
■極楽寺坂切通し(切通しの雰囲気は感じられない)
極楽寺から由比ガ浜へ抜ける切通しで、七口の中でも切通しの雰囲気が一番薄く、巨福呂坂切通しと同様、現在は車道のために元の道をかなり掘り下げています。
■巨福呂坂切通し(切通しを掘り下げて車道になった)
現在は巨福呂坂洞門となった切通しで、車道として残っています。また、鶴岡八幡宮から切り通し方面に向かい、途中から左に折れて行くと民家に突き当たりますが、そこが元々のルートで、ちょうど洞門の上部近くまで行けるようです。

nice!(92)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)ハスの花とパワースポット・政子石 [ぶらり鎌倉]

Timgp007_サイズ変更.jpg

 鶴岡八幡宮の源平池約12,000㎡(源氏池8,000㎡、平家池4,000㎡)にはハスの花が7~8月が開花します。かつては、「源氏の白旗」と「平家の赤旗」にちなんで、源氏池には白ハスが、平家池には紅ハスが植えられていたといいますが、現在は平家池が白、源氏池では紅白の両方が咲きますが、圧倒的に白が多い状況です。

Timgp028_サイズ変更.jpg

 源氏池の池の小島に立つ旗上弁財天社には、隠れた恋愛パワースポット 政子石(姫石)があり、恋愛成就、夫婦円満、子宝のご利益があるそうです。

Timgp027_サイズ変更.jpg

Timgp024_サイズ変更.jpg

撮影日:2022.08.03

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市雪ノ下
JR横須賀線、鎌倉駅

nice!(191)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

熊野神社(くまのじんじゃ)鎌倉で最もアクセス困難な秘境の神社 [ぶらり鎌倉]

Timgp022_サイズ変更.jpg

 鎌倉側から朝比奈峠を越えると、熊野神社への分かれ道があり、この道を進むと杉木立の間に社殿が姿を見せます。この熊野神社は、頼朝が鎌倉の鬼門の方位に当たるこの地に、熊野三社明神を勧請したのが始まりとされています。

Timgp003_サイズ変更.jpg

 普段は、訪れる人も少なく石段上に見えるのは拝殿で、更に石段を登ると本殿があります。

Timgp007_サイズ変更.jpg

Timgp033_サイズ変更.jpg

 朝夷奈切通しの更に山奥に登った神社で、鎌倉・横浜エリアでもっとも参拝に訪れるのには、大変な神社とも言われています。

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県横浜市金沢区朝比奈町
JR横須賀線、鎌倉駅からバス
京浜急行、金沢八景駅からバス

2022鎌倉散歩 Youtubeライブラリ

nice!(214)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

朝夷奈切通し(あさいな きりどおし)切通しの雰囲気がよく残る古道 [ぶらり鎌倉]

Timgp019_サイズ変更.jpg

 朝夷奈切通しは、鎌倉時代の1241年に峠の岩を削る工事が始まり、鎌倉と反対側にある六浦津(むつらのつ)と呼ばれる良港があり、時の執権 北条氏はこれを鎌倉の外港として利用していました。

Timgp027_サイズ変更.jpg

 切通しは県道として利用されていましたが、1956年切通を迂回する現在の県道204号線が開通すると、街道としての役目を終え、切通周辺はその後開発がほとんど行われなかったため、現在でも往時の姿を比較的良く残していると言われています。

Timgp015_サイズ変更.jpg

 岩盤に磨崖仏が掘られていて中世の雰囲気があります。

Timgp021_サイズ変更.jpg

 鎌倉と六浦を結ぶ朝夷奈切通しは重要な交通路として、江戸時代まで切通しは村人たちによって整備が繰り返し行われ、切通しの六浦入口付近には複数の供養塔が残っています。

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県横浜市金沢区朝比奈町字峠坂
JR横須賀線、鎌倉駅からバス
京浜急行、金沢八景駅からバス

nice!(224)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行

続 浄光明寺(じょうこうみょうじ)常時見ることが出来ない境内を巡る [ぶらり鎌倉]

Timgp004_サイズ変更.jpg

 前回、拝観できなかった客殿より一段高い境内を巡りました。収蔵庫に納められている阿弥陀三尊像は、撮影禁止となっていました。

Timgp005_サイズ変更.jpg

 仏殿には、三世仏が安置され、1468年の銘入りの須弥壇があり、左奥の祖師堂には室町時代に造られた木造の真聖国師(開山・真阿)像や歴代住職の位牌、右奥の土地堂にはやはり室町時代の木造・北条長時像などが収められているそうです。

Timgp010_サイズ変更.jpg

 阿弥陀堂の裏には、代々鶴岡八幡宮の神主を務めた大伴家の墓塔が並べられ、鳥居の浮き彫りが施された墓塔も有りました。

Timgp047_サイズ変更.jpg

 裏山にはやぐらがあり、網引地蔵と呼ばれる石造地蔵菩薩坐像が安置されています。

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市扇ガ谷
JR横須賀線、鎌倉駅


◆浄光明寺(じょうこうみょうじ)三門・客殿・鐘楼・不動堂
https://webtarou.blog.ss-blog.jp/2022-07-19-1

<ご参考>
収蔵庫、仏殿、綱引き地蔵、冷泉為相の墓を拝観出来るのは、雨天多湿の日および8月を除く、木、土、日、祝の10:00~12:00、13:00~16:00限定で拝観(有料200円)出来ます。

nice!(204)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

虚空蔵堂(こくうぞうどう)高僧・行基が彫った虚空蔵菩薩像 [ぶらり鎌倉]

Timgp004_サイズ変更.jpg

 奈良時代には、この地にあった星ノ井は、夜になると光り輝く星が映し出されることからこのように呼ばれ、高僧・行基がこの井戸を覗いてみたところ、虚空蔵菩薩の姿が映し出されその姿を仏像に彫り、この地に祀った虚空蔵菩薩はかつては源頼朝も秘仏として大事にしていたそうです。


Timgp007_サイズ変更.jpg

 虚空とは宇宙空間のような無限の広がりを持つ事を意味し、知恵や慈悲を人々の願いに応じて分け与えてくれるのが虚空蔵菩薩で、頭脳明晰や成績向上といった御利益があるといわれているそうです。

TIMGP6081_サイズ変更.JPG

 虚空蔵堂の左手前には船守地蔵があり訪問者も多い様です。

Timgp008_サイズ変更.jpg

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市坂ノ下
江ノ島電鉄、長谷駅・極楽寺駅
2022鎌倉散歩 Youtubeライブラリ

nice!(216)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

鎌倉十井の二つ (星の井・泉の井) [ぶらり鎌倉]

Timgp001_サイズ変更.jpg

 鎌倉観光をしていると、ふと井戸の史跡を発見します、海が近く水質のあまりよくなかった鎌倉で、水が美味しく伝説がある十箇所の井戸を鎌倉十井とし残されています。

Timgp004_サイズ変更.jpg

 星の井(ほしのい)は鎌倉十井の一つで、この井戸をのぞきこむと、昼間も星の影が見えたことからこの名がついたといわれています。水はとても清らかで美味だったので、昭和初期まで旅人に飲料水として売られていたと言われています。

鎌倉市極楽寺


 泉ノ井(いづみのい)は、鎌倉市扇ガ谷にある浄光明寺というお寺からもう少し奥に進んだところにあります。

Timgp009_サイズ変更.jpg

 当時の原型を一番とどめている一つで、現在でも水が湧きだしています。Timgp012_サイズ変更.jpg

鎌倉市扇ガ谷

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・




nice!(242)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

成就院(じょうじゅいん)不動明王がパワースポット [ぶらり鎌倉]

Timgp017_サイズ変更.jpg

 弘法大師が開山したとも伝わる成就院、山門を入ってすぐ右側に弘法大師の立像があります。

TIMGP5862_サイズ変更.JPG

 東結界側の階段を登り、振り返ると由比ヶ浜が目の前に広がり、夏の海風を感じることが出来ました。境内には聖徳太子1300年忌に建てられた八角の小堂や本尊不動明王の御分身があります。

Timgp014_サイズ変更.jpg

Timgp016_サイズ変更.jpg

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


 以前は参道に般若心経の文字数と同じ262株のアジサイが植えられていたそうですが、現在は宮城県南三陸町へアジサイがお送られ、株数を減らした代わりにハギが植えられています。

神奈川県鎌倉市極楽寺
江の島電鉄、極楽寺駅
2022鎌倉散歩 Youtubeライブラリ

nice!(215)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

極楽寺坂切通(ごくらくじざかきりどおし)鎌倉七口のひとつ [ぶらり鎌倉]

Timgp002_サイズ変更.jpg

 極楽寺坂は、江ノ電・極楽寺駅からすぐの場所にあり、鎌倉七切通しのひとつとしても有名な由緒ある坂道です。現在の道は昔より深く掘り下げられ、極楽寺駅から海岸線のほうに抜ける道路として整備されています。

Timgp008_サイズ変更.jpg

 坂名の由来は、坂上あたりにある極楽寺に由来しており、この切通しは極楽寺の僧である忍性によって開削されたものと伝えられています。この切通しは、新田義貞が鎌倉を攻めた時に、幕府軍が強固な木戸で切通を閉ざして、数万の兵力によって侵入を防ぐなどの攻防があった合戦場だったという記録も残っているそうです。

Timgp005_サイズ変更.jpg

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市極楽寺
江の島電鉄、極楽寺駅


nice!(212)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

極楽寺(ごくらくじ)鎌倉幕府の初代連署を務めた「北条重時」が開基したお寺 [ぶらり鎌倉]

Timgp002_サイズ変更.jpg

 開山は忍性で、全盛期には七堂伽藍を備え49の塔頭を持つ大きなお寺だったそうですが、度々の戦火や災害により今では山門と本堂を残すのみだそうです。

Timgp003_サイズ変更.jpg

Timgp007_サイズ変更.jpg

Timgp009_サイズ変更.jpg

 境内の写真は、撮影禁止だったのでありません。

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市極楽寺
江の島電鉄、極楽寺駅


nice!(220)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - ぶらり鎌倉 ブログトップ