SSブログ
ぶらり鎌倉 ブログトップ

長谷寺「十一面観世音菩薩」は1300年を迎えました [ぶらり鎌倉]

TIMGP0047_サイズ変更.jpg

 2021年はご本尊である「十一面観世音菩薩」の造立1300年の節目にあたると言われ、長谷寺の象徴ともいえる山門の赤い提灯が元旦より、観音様と同じ金色の提灯が掲げられ、参拝者の皆様を迎えています。

IMGP0603_サイズ変更.JPG

 「相州鎌倉海光山長谷寺事実」という書物によれば、上人は一本の楠の霊木から二体の観音像を造り、一体は大和 長谷寺にお祀りし、一体はご縁のある土地を求めて海に流しました。721年のできごとです、霊像は15年のあいだ海のうえを漂い、ついに相模にながれついたその像が鎌倉“長谷寺の観音さま”だそうです。

IMGP0037_サイズ変更.jpg

TIMGP0042_サイズ変更.jpg

 天気が良ければ見晴台からは鎌倉の街並みと由比ヶ浜、遠く三浦半島まで見渡せる眺望です。

IMGP0013_サイズ変更.jpg

 地蔵堂は本堂より階段を下ると、その中段奥に見え、当山に帰依する信者の方々の発願により建立され、子安・繁栄のご利益をお授けする 福壽地蔵です。

IMGP0008_サイズ変更.jpg

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市長谷
江ノ電、長谷駅
動作確認はWindows10/Microsoft Edgeでしています。

nice!(275)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

段葛(だんかずら)新旧のお店が並ぶ沿道 [ぶらり鎌倉]

imgp023_サイズ変更.jpg

 鶴岡八幡宮の参道で、若宮大路は1182年源頼朝が妻政子の長男であるの頼家の誕生の際に、安産祈願のために造られたと言われています。

imgp037_2_サイズ変更.jpg

imgp016_サイズ変更.jpg

 2016年春にリニューアルして現在の姿になり、春になると桜のアーチとなります。

imgp006_2_サイズ変更.jpg

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市小町
JR鎌倉駅
動作確認はWindows10/Microsoft Edgeでしています。

nice!(263)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

日蓮上人辻説法跡(にちれんしょうにんつじせっぽうあと)疫病で不安と恐怖におののく人々を救おうと・・・ [ぶらり鎌倉]

imgp002_サイズ変更.jpg

 当時の鎌倉は地震、暴風雨、干ばつ等で疫病が続発し、不安と恐怖におののく人々を救おうと、日蓮上人は、松葉が谷の草庵から毎日小町大路の街頭に出て、道行く人々に辻説法を行い法華経を教え熱心に説いています。

imgp001_サイズ変更.jpg

imgp003_サイズ変更.jpg

 鎌倉時代は小町大路が民衆のメインストリートであったようで大町・材木座に至るこの道には、各所に日蓮の辻説法の旧跡と言われる場所があります。今この小町大路を土地の人が「辻説法通り」というのもこの辻説法の旧跡のためです。

imgp005_サイズ変更.jpg

 画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市小町
JR鎌倉駅
動作確認はWindows10/Microsoft Edgeでしています。

nice!(252)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

蛭子神社(ひるこじんじゃ)小町の鎮守さま [ぶらり鎌倉]

imgp009_サイズ変更.jpg

 明治の神仏分離によって、本覚寺にあったという夷三郎社(夷堂)がここに遷され、もともとこの地にあった七面大明神と宝戒寺にあった山王大権現を合祀して蛭子神社となっそうです。社殿は1874年に鶴岡八幡宮末社の今宮(新宮)のものを譲り受けています。

imgp002_サイズ変更.jpg


imgp004_サイズ変更.jpg

Timgp005_サイズ変更.jpg

 この神社の名は、蛭子と書いて「ひるこ」と読みますが、蛭子という字は「えびす」と読むこともあるそうです。

imgp001_サイズ変更.jpg

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市小町
JR鎌倉駅
動作確認はWindows10/Microsoft Edgeでしています。

nice!(254)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

宝戒寺(ほうかいじ)椿とリス [ぶらり鎌倉]

Timgp017_サイズ変更.jpg

 リスは昔、江ノ島植物園から逃げ出して鎌倉市内に入り込んだという説と、鎌倉市内の別荘地でペットとして飼われていたものが逃げたか放棄され野生化したという2つ説がある様です。

Timgp022_サイズ変更.jpg

Timgp007_サイズ変更.jpg

 今では、鎌倉の有名な神社やお寺さんで普通に見かけるタイワンリスの正式名はクリハラリスで、その名の通り原産地の台湾では腹が栗のような赤茶色をしているようですが、日本に来てからは全身が灰褐色なのが主流となっているようです。

Timgp016_サイズ変更.jpg

Timgp011_サイズ変更.jpg

 食性は雑食性で、樹木の種子や果実、花、葉、芽、樹皮といった植物性のえさが中心で、宝戒寺さんでは椿の花に顔を突っ込み、蜜をなめている様でした。

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


タイワンリスは特定外来生物法に基づき鎌倉では年間500匹ほどを捕獲しているとのことです。

神奈川県鎌倉市小町
JR鎌倉駅
動作確認はWindows10/Microsoft Edgeでしています。

nice!(282)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

宝戒寺(ほうかいじ)太子堂 [ぶらり鎌倉]

imgp004_サイズ変更.jpg

 境内の右には、聖徳太子を祀った太子堂があり、この堂の前に鎌倉の諸職人が集まり太子講が行われます。

imgp002_サイズ変更.jpg

imgp005_サイズ変更.jpg

 聖徳太子は仏教の教えを積極的に取り入れ、法隆寺などの寺院を建立しましたが、それに伴って新しい建築技術や工芸の技法が我が国に次々と伝えられることになります、こうしたことから、聖徳太子は職人の祖として古くから信仰されてきたのです。

imgp011_サイズ変更.jpg

imgp015_サイズ変更.jpg

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市小町
JR鎌倉駅
動作確認はWindows10/Microsoft Edgeでしています。

nice!(225)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

宝戒寺(ほうかいじ)北条氏の霊を弔うお寺 [ぶらり鎌倉]

imgp003_サイズ変更.jpg

 宝戒寺は、後醍醐天皇の勅命をうけた足利尊氏公により、北条氏の霊を弔うため建立されます。

imgp015_サイズ変更.jpg

imgp009_サイズ変更.jpg

 1335年新田義貞の鎌倉攻めにより滅んだ執権北条高時旧居跡に建立された寺で、建武中興失敗の後も足利氏の庇護を受けます。

imgp024_2_サイズ変更.jpg

imgp029_サイズ変更.jpg

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市小町
JR鎌倉駅
動作確認はWindows10/Microsoft Edgeでしています。

nice!(212)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

大巧寺(だいきょうじ)おん目様 [ぶらり鎌倉]

TIMGP6286_サイズ変更.JPG

 元は頼朝の祈願所で大行寺といって十二所にありましたが、頼朝がある戦いのときこの寺で練った作戦で平家に大勝したため大巧寺と改め、1320に現在の場所に移されます。境内には、たくさんの花が植えられ、梅や椿がとても綺麗でした。

TIMGP6272_サイズ変更.JPG

imgp016_サイズ変更.jpg

imgp018_2_サイズ変更.jpg

imgp004_サイズ変更.jpg

 大巧寺は別名「おんめさま」とも呼ばれ、安産祈願の寺として知られています。「おんめさま」とは「お産女様」(おうめさま)が訛った言葉で、境内に祀られている「産女霊神」のことです。

画像はフォトムービーでもお楽しみください・・・・


神奈川県鎌倉市小町
JR鎌倉駅
動作確認はWindows10/Microsoft Edgeでしています。

nice!(242)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行
ぶらり鎌倉 ブログトップ